キーワードはシンギュラリティ

シンギュラリティ この言葉は、今後数年間はずっと話題になり続ける言葉になるでしょう。
この言葉は、まだまだ不確実なAIの世界観そのものなんですね。
テーマは、「いつAIは人間を超えるか」です。

AIとは、人工知能を意味する英語「artificial intelligence」の頭文字を取ったものです。
人間が人間の脳の構造を解析して、その構造に近づけようと模索しているのが、今のAI研究の原動力になっています。人間の脳の構造はドンドン分かってきているような解説が多いのですが、実はそれは分かっている部分だけをセンセーショナルに取り上げて報道にニュースを流しているに過ぎないレベルなんですね。

ところが、「いつかAIが人間を超える日」というシチュエーションを提唱した学者が出てきました。
その概念を英語では、シンギュラリティと呼んでいます
AIにとっては、まことに先走った概念の発表で、きっと戸惑っていることでしょう。

ただ、半導体の発達はあの有名なムーアの法則にある通り、インテル創業者の一人であるゴードン・ムーアが、「半導体の集積率は18か月で2倍になる」という経験則になぞらえて、AIも同じように発達し続けることで、2045年に人間の100兆個に及ぶニューロンの塊から繰り出される知識・知恵を、凌駕するだろうとの予測です。

この部分をシンギュラリティ=特異点Singularityと呼び、そこに技術的を意味するTechnologicalを加えて、日本語では技術的特異点という固い言葉になって、 馴染みにくい言葉がヒットに結び付く典型例でもあります。

と、今これを読んでいると、頭が混乱してきてしまいます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Judith
2019年05月02日 02:53
Hi there, just wanted to say, I liked this post. It was practical.

Keep on posting! It is the best time to make
a few plans for the long run and it_s time to be happy.
I have read this submit and if I may just I want to recommend you some
attention-grabbing issues or advice. Perhaps you can write next articles referring to this article.
I desire to learn more issues approximately it! Thank you for the
auspicious writeup. It in fact was a amusement account it.

Look advanced to far added agreeable from you! However, how can we communicate?
http://nestle.com/

この記事へのトラックバック