宇部興産と食品添加物

3月19日、ビスケット業界は大騒ぎになりましたね。
クッキーなどの膨張剤に使われている重炭酸水素アンモニウムに、金属片が混入しているというニュースをご覧になりましたか。

炭酸水素ナトリウム(重曹)は昔から一般家庭でも「ふくらし粉」として使用してきていましたが、重炭酸水素アンモニウムは重曹より低温で発泡するので、工業製品として広く使われてきています。
この製品は、消火剤の原料にもなっています。

そんな工業製品が、ビスケットやクッキーの原材料に入っていること自体、驚いた方も多いでしょう。
でも、最近のパンやお菓子の包装袋見てもらえれば一目瞭然、これって食品を作るのに絶対必要なの?と思える工業製品が沢山使われています。

そこへもってきて、宇部興産と聞いて何を思い浮かべますか。
セメントがあまりに有名ですね。UBEのの文字は、工事現場について回ります。そこへもってきて、今回の金属混入騒動です。

自分たちの趣味で作るパンと違って、コンビニの店頭を飾る流通に乗っている食品類は、押しなべて無添加なぞとは遠い存在であることに気が付きましたでしょうか。
「このパン、何日もつんだっけ?」と聞いたあなた、そんなに常温で商品が悪くならないと思っているんですか。
悪くならないということは、必要材料以外に食品添加物がたくさん入っていることを意味します。

さあ、これからは、ドキドキしながら流通大手のぱんっを食べましょう。??????

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック