刺身のめっぽう美味い店-その後

蒲田の「刺身がめっぽう美味い店」を昨年の5月半ばに紹介しました。
読んでいない方は、まず、下のURLで下ごしらえを!!
https://15313573.at.webry.info/201805/article_22.html

この記事で、私はこの店を結構べた褒めしています。
なので、最近のこの店の状況をまたレポートしましょう。
あれから、ほぼ7~10日に一遍のペースで利用しています。
大概は一人で行くのですが、たまに2~3人で行きます。

肝心のお味は、全く安定しきっていて、安心して紹介できるレベルを維持しています。
ここで少し振り返ってほしいのですが、昨年の記事以降気候が不順で猛烈な暑さもありましたし、台風の連続パンチもありました。
こういった、自分たちの努力以外の外的要因から、生鮮品を扱うお店は影響を受けずに済ませることはできません。

冷蔵技術の急激な発達があっても、やはり鮮度の高さをいかに誇ろうとも、ナマのものにかなうことはできません。ですから、仕入れ見込みを誤れば、たちまち共食する材料にアンバランスを生じます。常に品切れや在庫過剰の危険と隣り合わせのリスクを背負って商売をしています。

こんなリスクを平然を織り込んで、高水準の刺身定食を出し続けるこの店「おさしみ屋 網元 伊豆」は、一級の商売をしていることになります。超一級と、ランクを上げてもよいでしょう。
利用する側からわがままを言わせてもらえば、もう7~8人お店に入れるだけの大きさが欲しいところです。

でも、別の見方をすれば、今の店のサイズが常連客の居心地の良さに繋がっていると言ったら、穿ち過ぎでしょうか。本当を言えば、刺身大好き人間の私は、もっと高頻度で通いたいところですが、栄養バランスを考えるとそうもいかないのが少しばかり残念です。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック