近大、マグロの次は牛

近畿大学の名を一躍全国区にしたのが、近大マグロですね。
クロマグロの卵からの完全養殖を完成させたハイレベルなテクノロジーは、今度は飛騨牛に向けられています。
今のところ、肥育レベルでの参入で、養殖マグロほどのインパクトは感jられませんが…。

しかし、近大のホームページを見に行ってみてください。
ニュースで取り上げられる以上に、多岐にわたる農業へのかかわりが見て取れます。
もはや、近大は一つのビジネスとして第一次産業に投資しています。

そう、投資という言葉がぴったり来ますね。
IT系ならもうすでに、東大や慶応が学内ベンチャーを興しさらには一企業として成り立つほど、ビジネスに傾注している面を見せています。

以前は産・官・学と言われ、起業の有り方などの多様性について論じられたことが有りますが、今やユニークな視点とそれを実際の商売にまで持っていくためのハードルが低くなってきています。
クラウドファンディングの伸長は、とりもなおさず、行動力礼賛を助長する現象といえます。

つまり、やる気に行動力が加わって、アイデアが良ければ資金集めの苦労は格段に低いハードルにと変化しました。
事実、クラウドファンディングの成功例を見るt、何とも強烈な金額が集まっています。

今後もどんどんと、「そんなアプローチがあったのか。」と虚をつく様な商売が陸続と現れてくるでしょう。
近大の新しい取り組みは、まさにそんな時代の幕開けを告げているのかもしれませんね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック