雪の東京

そろそろ。東京の雪が降り始めるシーズンになります。
東京は1月から3月が雪のシーズンなんです。特に、受験シーズンと降雪が重なることが多いのです。

私が高校の受験の時は、、50cm近く降ったために、道路も何もすべて真っ白の世界、当然交通機関はすべてベタ遅れでした。相当に余裕を持って出かけても、試験開始時刻にはぎりぎりでした。
実際の試験は45分ぐらい開始時刻を繰り下げて始まったので、何とか滑り込みセーフの受験生もいたようでした。

この頃の私は、自分で昼食用にサンドイッチを作って持って行くようにしていましたが、この時は、いつもよりより豪勢に具をたくさん詰め込んだサンドイッチにしていたので、寒さも何も感じずに受験を終えることが出来ました。やはり、食べ物の力はすごいです。おかげで、合格しました。

と言っても、この高校は私立で、滑り止め!
学費も公立の3倍はかかりますから、入学の手続きなんて取りませんでした。
むしろ、試験慣れとしての意味合いが強かった私立高校受験でした。

そして、めでたく都立の高校に入学できたのですが、通う校舎の位置は、東京の西のはずれでした。
そのため、雪が降るとしっかりとした長靴が必須でした。
ところが、ある時、空はドピーカンで風もなく陽射しもたっぷりの登校風景だったはずなのに、あと3分で校門というところで、突然の激しい、いや、激しすぎる降雪に見舞われました。

高尾山とそれに連なる西の壁になっている山波から気まぐれ的に吹き流された雲によって、校舎の前の浅川に架かる橋にも、容赦なく雪は降り積もっています。
その橋を渡る時、革靴は非常に不安定な履物でなります。
案の定、見事な滑り込みをいせて、私はすってん、
雪に慣れていない人間ってこんなもんですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック