GSEと箱根駅伝

箱根駅伝と鉄道のかかわりはかなり深く、京急蒲田の蒲田踏切による、ランナーの立ち往生はあまりにも有名です。もう一つ、箱根登山鉄道の小涌谷駅すぐ横の小涌谷踏切でも、同じような現象が起きます。
京急は、大規模な重層構造の高架化で立体化し、踏切をなくしました。

小涌園の方は、古くから駅員だけでなく、多くの職員が連絡を取り合って列車間隔などを調整して、対応していました。
直接的な関わり合いはこの二つだけですが、もう一つありました。
それは、小田原駅に小田急の特急が入線しているときに、駅伝ランナーを俯瞰してカメラが寄っていくと、ツーショットが撮影できるのですが、今回復路で奇しくもブルーリボンをいただいたバーミリオンオレンジのGSEの入線とドンピシャのタイミングでランナー駅前を通過していく光景が映し出されたのです。

この上なく美味しい画像を、小田急は労せずして日テレが撮ってくれているので、GSEの印象が一段と一般に対しても、良くなります。
ただ、漫然と停車している車両の横を過ぎていくのと、動いているのとでは大違い。
しかも、たまたま、この番組を毎年サポートして某不動産会社のマンションシリーズのCMに使われてフィルムに谷間にかけられた石組みのアーチ橋の上を走る赤い列車のCMで放映される機会があると、より一層、その印象は強くなります。

かくいう私は、この光景を往路でも見かけ、復路でもみかけましたので、印象が強いんですが、今まで同じシーンをテレビで何度も見かけているはずなのに、目の醒めるようなおオレジ色の車体のおかげで、この「絵になる」構図を見かけことが出来たのです。

色というのは大事な要素なのだと、感じ入った次第です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック