カバー曲を歌う時の注意点

カバー曲は原曲あってこその存在ではありますが、カバー曲の種類が増えることは、原曲の価値をさらに輝かせることに貢献しています。
ソプラノグループ「リベラ」の透明感あふれるコーラスで、再び注目を浴びている中島みゆきの「ヘッドライト・テールライト」
同じ中島みゆきの「糸」は、次々にカバー化されているカバー曲の人気曲です。

さて、ここで、皆さんに一つ質問したいのです。
それは、外国人の有名歌手が来日して、日本人の作詞作曲したものを、日本語で歌わせる企画についてです。
歌手の力量によって、御遊びレベルから本格的な楽曲に仕上がっているものまで、仕上がり具合には大きな差があります。

こうした楽曲は、あなたの好みですか。

もう一つ質問です。
ソロでヒットした曲を大学のグリークラブなどがカバーするコンサートに行っていると想定してください。
ここで、最初から最後まですべてコーラスで謳い切るパターンと、ソロパートがいくつか挟まれるパターンとどちらがお好きでしょうか。

大学の混声合唱団などがこうした曲を歌う場合、大体ソロパートが冒頭にあり、サビでフルコーラスを歌い、ソロパートを引き立てるパターンが多いと思いますが、この時のソロパートを担当する方の音符への忠実度でできに大きな差が現れます。

独唱する際に、下手に自分なりの解釈を入れたりすると、独りよがりの演奏になってしまいますが、実はユーチューブに投稿されている大学のコーラス作品には、こうした失敗作品が実に多いのです。
これは、我の強い部員がリーダーを取ったりしていると起こりがちな現象です。

特に原曲の歌唱のレベルが高い「ヘッドライト・テールライト」では、学生の粗さばかりが表に出てしまう投稿が目立ちます。若気の至りで恥をかくと豪語してもよいかもしれませんが、やはり良い作品作りをしてアップしてほしいものです。
しまった!また苦言になってしまいましたね~~~。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック