ヒーリング:正しい知識-1

最近のブログ記事で多く見かけるようになったのは、ヒーリング関連の否定的な題名を謳っておきながら、その実、本当はヒーリング関連の講座に誘導する目的のものが爆発的に増えています。
「ねずみ講まがい」と糾弾しておきながら、講座料や上納金の仕組みまで事細かに説明し、読んでいるうちに「これは一儲けできるかも?」と思わせるような文章が延々とだらだら書き連ねられています。

ヒーリング講座の多くは、絶大なる効果を得たいとする人間の欲望をくすぐるキャッチコピーに彩られていますが、そのキャッチコピーに飛びつくレベルの心では、実は全く能力を身に付けることが出来ない代物なんですね。かなり、奥深く、注意深く、節度を失わずに、ブレずに、公正中立で冷静なる判断のもとに施術することが出来るヒーラーに出会えることが出来たなら、あなたは本当にラッキーと言ってよいでしょう。

お手軽に「心の闇を数分間でたちどころに解決して見せましょう。」なんて言うのは、他者催眠まがいの誘導の典型で、まことに悪質としか言えません。
遠く離れていて、「私の悩みを聞いてくれて、それを解消したいのですが、………」なんて言うお便りをチャットレベルでやり取りして解決してあげましょうなんて、普通の人にはできません。

いわゆる瞑想的な心的レベルを長時間維持できて、他者に永続的な影響を及ぼせる人は、そうは存在していないことを念頭に置いてください。
精神的なことに限らず、一日の講座で、10万円を超えたら、それはまず内容うんぬんより、金取主義であると思って構いません。

私が35年ほど前に受講した講座は、丸四日間延べ36時間で6.6万円でしたから、当時は高いと思ったものです。でも、同時期に、同じような内容の講座で、わずか2日間で16万円なんて言う講座を、有難がって受講している人を見るにつけ、それこそ、「あわれ」を感じたものです。

では、本当に心を開放に導くとはどんなことなのでしょうか。
次回以降に述べていこうと思います。

https://15313573.at.webry.info/theme/fbfc3282ec.html
このアドレスで、30数本アップされている記事は、精神の働きについて、また直接・間接もろもろ書かれてありますので、興味があればお読み下さい。

https://15313573.at.webry.info/201708/article_29.html
https://15313573.at.webry.info/201709/article_1.html
https://15313573.at.webry.info/201709/article_6.html
https://15313573.at.webry.info/201709/article_7.html
これらの関連記事も併せてお読みください。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック