2018夏ドラマ

この7月から始まった2018年夏ドラマのうち、我が家の予約は以下のようになっています。
何と、テレビ朝日系が4本も入っているのが目立ちます。

ラストチャンス 再生請負人  後10:00 7月16日~ テレビ東京 主演:仲村トオル
健康で文化的な最低限度の生活  後9:00 7月17日~ フジテレビ 主演:吉岡里帆
義母と娘のブルース  後10:00 7月10日~ TBSテレビ 主演:綾瀬はるか
刑事7人  後9:00 7月11日~ テレビ朝日 主演:東山紀之
遺留捜査  後8:00 7月12日~ テレビ朝日 主演:上川隆也
ハゲタカ 後9:00 7月19日~ テレビ朝日 主演:綾野剛
警視庁ゼロ係3 生活安全課なんでも相談室~ 後 20:00~20:54 7月20日~ テレビ東京 主演:小泉孝太郎
dele(ディーリー) 7月20日~ 23:15~ テレビ朝日  主演 菅田将暉
ヒモメン 後11:15 7月28日~ テレビ朝日 主演:窪田正孝

ここに入っていない「絶対零度」は、沢村一樹の主演なので見てみましたが、初回の冒頭で早くも我が家のドラマ戦線から離脱してしまいました。展開がのろのろしていて、興味を惹けないというのが理由です。
沢村一樹のファンなので、ちょっと残念ではありますが………。切れがないのはどうも!

今クールで一番期待しているのが、「ハゲタカ」です。力のある作家「真山仁」の実力がいかんなく発揮できているドラマです。
綾野剛がしっかり役作りを行ってきており、激しい発声に無理がなく、クールさを装いつつ父親を偲ぶ時の陰り顔が、素晴らしいコントラストですね。(新聞の評にも同じ趣旨のことが書いてありました。皆さん、同じ感性?)

綾野剛といえば、少し弱弱しさのある役が似合っていただけに、今回の抜擢は【さすが和泉聖治監督】と唸らせられました。物語の展開の切れの良さとじっくり迫る時間の構成比が抜群で、見ていて飽きないを通り越して引きずり込まれる感覚を提供してくれています。

テレビ朝日系列のドラマを見ると、シリーズ化されるものが目につきます。次いで、テレ東も最近その傾向が出てきています。良いドラマはシリーズ化するというのは、安定的に視聴率が狙える利点と、視聴者が飽きてしまうという危険と隣り合わせの面を持っています。
そのため、えてしてシリーズ化した最初の回で大コケすることが多々ありますが、テレ東はテレビ朝日的に地味に続編を送り込んでいますので、成功しています。

「健康で文化的な最低限度の生活」は、この時間帯にかなり思い切った内容をぶつけたものだと感心しましたが、やはり少し苦しい面が見られるのは致し方ないところでしょう。まあ、視聴率はあまり期待できないでしょうね。

ここ、当分、テレビ朝日の一人勝ち状態が続くのかもしれません。
しかし、「ヒモ」はいただけませんでしたね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック