中島みゆき カバーバージョンはオリジナルを超えられるか

長い題名で申し訳ありません。大ヒットした曲を別の歌手が取り上げて、自分のアルバムに収録することはよくあります。さらに、すべてカバーバージョンでアルバムをリリースする歌手もいます。
徳永英明はその筆頭ですね。

逆に、歌手が別の歌手に依頼されて作った作品も、たくさんあります。
今回のお題は、作詞作曲歌唱を手掛けるシンガーソングライターの中島みゆきです。
CX系列で絶大な人気を誇った「夜のヒットスタジオ」で、中島みゆきから楽曲を提供された歌手の映像を集めたシーンが放映されたことがあります。

この時の特集では、以下の歌手たちが登場しました。
加藤登紀子/夏木マリ/郷ひろみ/研ナオコ/古手川祐子/桜田淳子/小柳ルミ子/柏原芳恵/薬師丸ひろ子
錚々たるメンバーというには少し役不足の方もいますが、それでもこれだけの映像を一挙に放映すると、歌の巧拙は見事なまでに正確に判断できますね。

歌われていた作品は、のちに中島みゆき自らがカバーしたアルバムを出していますが、それを聞くと、楽曲を提供された側の作品は、歌唱力に難点が有る無しに関係なく、大きな問題が潜んでいることに気が付きました。
それは、安易な編曲にあります。
スタジオで収録されているわけですから、音響的にはいくらでも追い込めるはずですが、こと編曲となると、感性の問題が大きくクローズアップされてきます。

この特集では、押しなべて貧弱な演奏であったことがとても悲しかったですね。
そして、肝心の歌唱力では、加藤登紀子が中島みゆきに肉薄する力を示し、研ナオコは曲によっては本家を凌駕することがあります。

おそらく、後にも先にも、歌唱で一時的にでも中島みゆきを越した経験を持つのは、研ナオコしか記憶にありません。逆に見れば、中島みゆきは並みの歌手なら、すべてなぎ倒してしまうほどの実力の持ち主であることを、改めて証明して見せてくれたわけです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック