接着剤の原理-いま一つ?

かなり以前に、接着剤はなぜくっつくことができるのか、その原理はまだわかっていないという話を聞いたことを思い出したので、ネットで調べてみると、いくつも答えのページが出てきました。
「なんだ、こんなに簡単に答えがわかるんだ。」と思いながらその記事を読み進めていくと、なんかおんなじ記事のを焼き直したような感じに思えてきました。

そんな中で一番わかりやすかったのが、なんと経済産業省のページでした。
基本原理は三つあり… と、あとは受け売りになってしまいますから、代表的な解説ページのURLを記しておきます。
経済産業省:
http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/chemical_wondertown/stationery/page01.html
セメダイン:
http://www.cemedine.co.jp/basic/mechanism.html
スリーボンド:
https://www.threebond.co.jp/ja/technical/seminar/adhesion.html
コニシ(アロンアルファ、ボンド):
http://www.bond.co.jp/bond/support/knowledge/

通して読んでいくと、なんとなくわかったような、でも、理解できていないような表現ばかりで、要はスパッとした解説がないんです。
完全に理解した自分の知識を話すときに、非常にやさしい言葉で説明することが可能ですが、理解しきっていない状態では、難解な漢字をうろ覚えで書いているときの状態に似ています。
なんとなくこんなだったよな~。

挙句に難しい言葉を連発して、最後は話すほうが疲れてしまう。
今の私の接着剤に対する知識は、その程度です。

誰か、もの凄く分かりやすく端的に教えてくださいませんか。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック