有働由美子氏の輝く時

NHK朝の連続テレビ小説を食い入るように見つめた後のドラマに浸りきった余韻を感じさせるイノッチとの軽妙なトークで、朝イチを不動のものにまで仕立て上げたアナウンサーが、有働由美子氏です。
顔のつくりの良し悪し以外に、その人が今まさに絶頂期を迎えているなと感じさせるもの、それは輝きです。

テレビの画面の中でただ喋っているだけの存在が、画面の制約を離れて社会現象を巻き起こすこと、それは正に痛快の極みです。
本人の意図が奈辺にあったかはともかくも、実際の現象面での波及効果は大きく、もう一人のサポート役であった柳澤秀夫氏の番組中での変化も見逃せない要素です。

彼は、NHK解説委員という肩書を持っている人物とは思えない、寒いダジャレを連発することでつとに有名ですが、それを有働氏はさらっと受け流してしまう間合いがまた人気でもあったようです。
そしてさらに柳澤氏はめげずにダジャレを量産していましたね。

こういったやや規格外れの面を持った人物たちによって番組は人気を得て行ったわけですが、ここいら辺にNHKそのものの体質の若干の変化を感じ取ることができます。・・・なんて、偉そうに解説を出来るほど内部に精通してはいませんが、以前ならあんな話方をしたら、即、番組降板となりかねない発言がポンポンと飛び出すあたり、非常に興味を惹かれました。

さらに言えば、名物番組「NHK紅白歌合戦」での映像を、他局が「提供:NHK」の字幕入りで放映することの多さにも、放送界の枠組みが変わってきている事を感じさせます。

そんな中での有働氏の独立は、注目を浴びるのは勿論のこと、彼女のこれからの活躍の舞台がどう与えられ、どう取り扱われていくのか、目が離せません。
すでに、御膝元のNHKとの契約で海外ロケに入っていると複数のメディアが伝えてます。

当分、彼女をめぐるフィーバーは続くことでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック