ハイドロ銀チタン

ホンマでっか~?と言いたくなる物質の登場です。
ハイドロ銀チタンという名前の物質をマスクに織り込んでおくと、空気中の花粉やハウスダストが、マスクに引っ掛かると触媒的な働きをするハイドロ銀チタンによって分解され水になるというのです。

悪いけれど即座には納得できるものではありませんね~。
以前の話で恐縮ですが、煙草を吸った後に、或る飴をなめると、口の中に残っているニコチンと結びついて、ニコチン酸アミドに変化すると言った飴が発売された事があります。

この時、TBSラジオ系で人気のあったDJ氏がこの飴のコマーシャルを引き受けて番組内でも褒めまくりました。
ところが数日たって、ニコチンと飴でニコチン酸アミドになるはずがないとの指摘があり、識者に確認したところ全くの虚偽であったため、このDJ氏は番組内で謝る羽目になりました。

こうしたちょっと素人では湧かないだろう的なコマーシャルは今までにも結構ありました。
それなので、今回のハイドロ銀チタンの効能については少しばかり懐疑的になってもいたしかたない所ではあります。
でもやっぱり嘘臭い感が残ります。
花粉だけも10種類以上あり、増してハウスダストともなれば、家ダニなどの死骸も有るわけですから、そんなものまで分解して水になる訳がないというのが正直な感想です。

自分の場合は、マスクがもともと嫌いなので論議に加わる必然性はなかったんですが、野次馬根性丸出しってとこです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック