最近の自動車

昨年、SUVの中では小型の部類に入る日産のジュークに乗り換えました。
その前は同じく日産のニューカマーでデビューしたエクストレイルの二年後のマイナーチェンジ車を長く乗りまわしていました。

エクストレイルは、現行型はかなり大型になってしまいましたが、私が乗っていたタイプは、全幅が1730mmと3ナンバーの枠に少しだけはみ出た大きさでした。
手ごろなサイズ感とSUVならではの着座位置の高さから、使い勝手はとても良く、それで15年も乗っていたわけなんですが、流石にこれだけ古くなると、タイトなカーブでの回頭性能や踏ん張り性能にやや不満を感じるようになってきました。

というのも、最初の頃はおっかなびっくり車を乗り継いできた経験から、新しい車はやや苦手意識が勝ってしまっていました。
しかし、いざ実際にドライブしてみると、評論家が良く使う言葉「オン・ザ・レール」を体験することができました。
乗りこめば乗り込むほどに、カーブに突っ込際の速度が上がっていきましたが、或るレベルまで達すると、タイヤ性能が負けてしまい、腰砕け感を感じるようになってきました。

SUV用の普及品タイプでは満足できなくなってしまっても、そうそう代替えのタイヤをチョイスできる訳もなく、少しだけ不満を持ちながら運転していましたが、ブッシュ類が硬くなり、カーステレオが壊れてしまったりと、そろそろ取り換え時という時に、間もなくモデルチェンジと噂されていたジュークが、正月の福袋的な価格で売り出されていたので、飛び付きました。

結果は大正解で、1600ccなのに2000ccのエクストレイルよりもタイヤ幅が広いんです。
これでタイや負けしないのかと思いましたが、それは杞憂でCVTとのマッチングをきっちりと考えてきたミッションは、太タイヤを苦もなく駆動し、かつ、回頭性能が抜群によくなって、なお、後輪の踏ん張りが素晴らしくいいかんでなんです。

これによって、峠道のドライブがまた一段と楽しいものに変わりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック