日本未来科学館

あの宇宙飛行士の毛利衛さんが館長を務めているので話題になった日本科学未来館に行ってきました。
はっきり言って、展示の工夫や説明が生硬です。
子供たち対象の企画展をやっていましたが、それはそれで人気を集めたのは良いんですが、狭いスペースで行っているものだから、企画展の会場の中で長時間待たされる始末。

建物の半分が5階部分まで吹き抜けという贅沢な作りでしたが、コンセプトがはっきりしていない常設展は残念ながら………ので部類ですね。
理由は簡単です。
担当した方の作り上げた展示物について、ダメ出しが無かったがごときの展示内容に終始しています。
もっと端的に言えば、子供たちでは分からないし、大人でも興味を持ってしっかりと説明を読むくらいの熱心さがないと、何が書いてあるのかが意味不明です。

もう一つ、ボタンを押したら、目の前で起きるはずの変化が、展示物の中に認められないものがあるのです。
「どっか変わった~?」と質問されて、答えようのないお父さんを何人も見ました。
私もその変化を見つけることができませんでした。

ものすごく、微妙な変化であれば、それなりの補強策をとっておく必要があります。
そういった思いやりにかけたものがいくつもありました。

他方、肉声によるプレゼンでは、人によって能力の差が激しく、素晴らしい人もいれば棒読みの方もいるといった具合です。やはり、ある程度練度を上げてから、デビューさせてほしいものです。

よいところもあります。身障者手帳を持っている方がいれば、付き添いもひとり無料になるところです。
また、バリアフリーも行き届いていました。

全体的には、60点くらいの完成度です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック