年賀状 Xデーで大混乱?必至

そろそろ年賀状の準備に入っていますか。
平成30年の年賀状は、一つの大きなトピックを抱えています。
それは、値上げ。

「一般はがき」は、2017年6月1日から52円が、62円に値上げされています。
けれでも、平成30年度用年賀状は、52円で発売されています。

ここで問題です。
この年賀はがきは、値上げの対象に入らなかったのでしょうか?

答えは、「或る期間だけ値上げしてない」です。

郵便局のお知らせには、以下のように書かれています。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
日本郵便が発行する年賀はがきについては、12月15日から翌年1月7日までの間に限り、
52円
で差し出すことができます。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

つまり、12月14日以前に投函する場合は、62円の料金が適用されます。
そして、松が明けた1月8日以降はやはり62円になります。
だから、遅れて届いた年賀状に対する返信の年賀状は、7日中に投函できなければ、52円では料金不足になってしまうのです。

おそらく、混乱をきたすのは1月8日以降でしょうね。
いくら周知したところで、年賀ハガキに52円としか印刷されていないのですから、世間の物ごとに関心を持たず習慣で年賀状を出しているかなりの方々からは、「そんなこと知らない!」とクレームの嵐いや大嵐になることは間違いないでしょうね。

そんなことで色々な対策を打つより、30年度用の年賀はがきだけは、「一月いっぱいは52円でよい」と設定しておけば、大混乱にならずに済むと思いますよ。
ま、今更変更はできないでしょうがね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック