習慣が崩れたときは……。

皆さんは、本人が意識していなくても、毎日同じ行動を取る時、或る一定のルールで動いています。
そのある一定のルールとは、「習慣」です。

目が覚めたら、「必ず伸びをする」「まず、うがい」「すぐ新聞を取りに行く」などなど、個人個人に聞いていくと、言ってみれば朝の儀式はそれぞれ違っています。
そんなAさんのことを、Bさん、Cさん、Dさんそれぞれに伝えると、「そうなんですね、でも、私は朝目が覚めたら×××をしていますよ。」とこれまたそれぞれ異なった行動を取っています。

これが、個人ごとの習慣というものですが、何気なくしている動作が或る日崩れる時が有ります。
理由ははっきりしていないのに、手順が狂うと「あれっ」と思います。
この「あれっ」と思う行動は、なぜ起きるのでしょうか。

本当に頭が空っぽの状態で、ルーチンの動作を行っている限りは、ほぼ間違いなく同じ動作を繰り返していますが、たとえば、ニュースで地震の速報を伝えるあの独特のチャイムが鳴ったとします。
その瞬間、気持は何があったのかと緊張します。
テレビのテロップを見て自分の住んでいる地域に影響がないと分かれば、また、元の動作に戻るのですが、このとき、手順が狂うことがあります。

同じように、電話が鳴ったとか、大きな音が聞こえてきたとかする時も手順に狂いが生じがちです。
でも、この場合は何ら問題がないんですね。
動作の途中になにも外部から刺激が与えられない状態、つまり、平常そのものであるにも拘らず、手順が狂ってしまったときは要注意です。
何らかの外的要因がなくても起きるこの種の異なった動作は、脳の指示系統に混乱が生じた可能性があるのです。ただ、1~2回起きたからと言って騒ぐ必要はありません。

月のうちに数回、「あれっ」と思うことがあったら、何らかの脳の異常を知らせるサインと思って、医者に診てもらった方が良いと思います。
また、話に夢中になっているときに、突然、なんの話をしていたのか分からなくなった時も、要注意です。

おかしい!?と思えるうちに、医者の判断を仰ぐことで、体の不調の原因を突き止められることがあります。
これから、寒さが厳しくなっていきますので、自分の体が出すサインに気をつけましょうね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック