人工水晶

今やクオーツ時計のみならず、すべての産業に入り込んでいる水晶、何て切り出すと、水晶ってそんなにたくさん今でも採掘しているんですか?と当たり前のような質問を予想してしまいますが、答えを先に言ってしまいましょう。

今では、天然水晶を種とした巨大な人工水晶が、一私企業だけで年間約3トン生産されているそうです。
その指折りの大きさのプラントは、あのプリンターで有名なエプソングループの工場で生産されています。
と言っても、もともとは東洋通信機を母体とする工場で研究に着手、山梨大学との産学協同で研究開発し、マスプロダクションに至った経緯が有ります。(のちにエプソンに統合)

この研究の実用化によって、海外からの人工水晶輸入に代わり、国産生産の人工水晶で国内の消費量を賄えるようになったそうです。
テレ東のWBS(2017/11/20)で、実際の水晶が出来上がる最後の工程を写していましたが、その透明度は抜群で、天然モノには絶対に入っている不純物の濁りは無く、ひび割れも有りません。
そんな水晶が、半年に一度のペースでじっくりゆっくり作られていると聞き、やはり装置産業というものはお金がかかるものだと実感しました。

何処に水晶は使われているかを改めてみてみましょう。
まず、腕時計ですね。クオーツとは水晶のことですから、そのものズバリのネーミングですが、ダイレクト感が有っていいですね。
パソコンのクロックが○○MHzのような表示がされていますが、あのクロックのもとの信号を発生させるのが、水晶の役目です。

ここまで書けばお分かりのように、今やマイクロコンピュータの入っていない機器を探すのが難しい程に、生活の隅々にまでコンピュータが普及しています。
今の自動車には、センサー連動のマイクロチップがどっさりと搭載されています。炊飯器、電子レンジ、冷蔵庫、エアコン、携帯電話、扇風機、などなど、キリが有りません。

水晶は外部から電圧を加えると、非常に規則正しい振動を発生します。その振動を基準として、クロック信号を発生させ、様々な機器の動作を支える原動力となっています。

そんなことを思いながら、改めて身の回りの電化製品を見まわして、どんな所に水晶が使われているか考えてみるのも一興かもしれません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック