WEB上のサービスで注意したいこと

「WEB上のサービスで注意したいこと」長いタイトルですみません。
でも、これはとても大事なことなんです。
WEBでお金のやり取りが発生する場合もしない場合も、「規約」などに「合意」しないとその先に進めないません。

でも、これって、一般の商道徳から考えたら、有りえないことです。
簡単にいえば、サービスを提供する側の全ての決まりを、無条件に飲まない限り、サービスは提供しないということですからね。今どき、こんな高飛車な文章が、通用するとでも思っているのでしょうか。

ところが、困ったことに、マイクロソフト辺りが自分のソフトを使うときに、こういった「思いやりの全くない」一方的な契約を飲まなかったら、「使わせてあげない」という悪しき慣行を作ってしまったのです。

で、今更こんなことで泣きごとを言ったっていわゆる後の祭りですので、これからのことを考えましょう。

新規にサービスを受けたいと思ったなら、たとえどんなに長い「規約」でも、その文章はいったんコピーして自分のパソコンに落とし、じっくり読んでみてください。
常識的なことばかり書いてあるようで、実は結構怖い落とし穴が規約文の中に潜ませてある場合が多いのです。

トラブルが起きたときには、サービスの提供側は、その「潜ませた文」を盾に取って、賠償や補償を請求してきますから、後から「あんなの読む暇なんてないよ」と言っても、法律上は何らお目こぼしは期待できません。
だから、生命保険の約款もかくやと思えるような規約が存在しているのですから。

こういった契約や規約文を読まないで取引して、今まで何のトラブルにも遭わなかった人でも、今後は悪質なメールで誘導されて、既存取引の延長のような顔をした偽メールにころっとだまされ可能性は否定できません。
だからこそ、こんな誰も読まないような記事をアップします。
でも、この記事はとっても重要なんです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック