日産リーフもっと吹っ切れ!

これは日産自動車に対する檄文です。
新型リーフは、念願の航続距離400Kmのスペックをコマーシャルに織り込んできました。
インテリジェントモビリティなどのキャッチコピーは、残念ながら消費者には通じる内容ではありません。
もはやISM=イズムの時代は終焉を迎えました。

EVならではの強みは何かと問えば、即座に0エミッションとの答えがディーラーからは返ってきます。
でもそれは表向きだけです。
本音は、免税でしょう。今なら自動車取得税と重量税が免税となり、「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」の名目で、グレードにかかわらず40万円の補助金が国から出されます。

それだけにもっと価格を抑えられなかったのかの疑問が湧きます。
もっと詳細にいえば、車体の色の選択の幅がとても狭いのです。
カタログを見れば豊富な色指定が可能になっていますが、その実、ほとんどの色が別料金を取る設定になっています。なんとケチくさいんでしょう。

リーフを売るんだとの戦略的位置付けをしているなら、色のオプションで金を取るんだとの戦略は、せっかくの新型の魅力を大いにスポイルしていることに、気が付かないのでしょうか。
現状ではベーシックグレードのSでも、実際の購入価格は消費税込みで260万円オーバーです。
でも、売れ筋のXで少しオプションを足すだけで、380万円程度になってしまい、実支払いは320万円程度に成ります。

これでは爆発的普及は困難です。
グレードをもう少し細分化して、実購入価格を250万円程度にしてもお得感のある構成にすれば、リーフの牙城がやすやすと構築できると考えます。一旦牙城が構築されれば、過去の歴史が物語っているとおり、市場の首根っこを押さえることができるようになります。

あまり欲張らないほうが良いと思いますがね~~~~~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック