百花繚乱アクティブオンデマンド4WDシステム

フルタイム4WDの高性能を、もう少し気軽に楽しめないだろうかとのニーズにこたえて、国内自動車メーカー各社は、様々な形式のアクティブオンデマンド4WDシステムを開発し、実用化しています。

オンデマンドってなんだ?と思いの方、これは「要求に応じて」という意味なんです。
だから、通常は2輪に駆動力をかけていて、必要に応じて4輪駆動に切り替えることを、オンデマンド4WDと呼んでいるんです。
さらに、アクティブと頭に付いているのはなぜかと言えば、車輪が滑ったのを感知してから4WDに切り替わるの形式をパッシブ型、それよりももっと積極的に4WDへの制御をおこなう方式をアクティブ型と言っています。
パッシブ=受け身、アクティブ=能動的 と書けば、イメージが湧くでしょう。

自動車会社ごとに特異な命名を行っていますが、列挙してみましょう。
SUBARU=スバル
アクティブトルクスプリットAWD,X-MODE,VTD-AWD
SUZUKI=スズキ ALL GRIP
MAZDA=マツダ i-ACTIV AWD
HONDA=ホンダ SH-AWD
TOYOTA=トヨタ 電動独立式4WD
NISSAN=ニッサン ALL MODE 4x4-i
MITSUBISHI=ミツビシ S-AWC

これらが全部、「アクティブオンデマンド4WDシステム」と呼ばれるものです。
では、4WDとAWDの違いは?と聞かれたらどう答えますか。
答えは簡単、タイヤが4つならばどちらも全部の車輪を駆動する方式ということです。
「4輪駆動」なのか「全輪駆動」4輪車である限り、これは意味のない論争で、メーカー型とは差別化したい意図でわざわざ全輪駆動と言っているにすぎないのです。

特に、スバルは、特別ば表現を使いたがる傾向が強く、気をつけていないと、普通の方式が素晴らしい高性能な方式と間違ってしまうこともあるようです。
これは、自動車雑誌を読んでいれば、なんでもないことではありますが………。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック