中島みゆき  徒や疎か

徒や疎か これで、「あだやおろそか」と読みます。
なにそれって、疑問符だらけの高校生・大学生・社会人の方々の顔が目に浮かびます。

テレビ朝日お昼のワイドスクランブルの編成がこの4月から変わります。
超長寿番組「徹子の部屋」の後に、倉本聰脚本の昼ドラが始まりますが、その主題歌作りを倉本聰が中島みゆきに依頼したのです。

言葉を大事にすることではつとに知られた中島みゆきが、彼女自身が尊敬する倉本聰からの指名にこたえて、「慕情」を作り上げました。
そして、その作品に対して、ワイドスクランブルあてに声のメッセージを届けたのですが、その中に表題の「仇や疎か」の言葉が使われていました。

流石、国語審議会の委員に指名されるほどの実力は伊達ではありません。
あの独特のおちゃらけに近い発声で紡ぎだされる言葉に、今どきほぼ皆が聞いた事がないような言葉をさらっと持ってくるあたり、中島みゆきの存在感を改めて知らしめるには、恰好の題材を提供したわけですね。

ちなみに、デジタル大辞泉によれば、「他人の恩恵や物の価値を軽視するさま。」を言い、後ろに否定語をつけての使用が一般的なようです。
「仇や疎かにできない」

長年のみゆきファンとしては、マッサン以来のテレビドラマ主題歌ということで、まずは録画しておくことにします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック