除夜の鐘

毎年、大みそかの深夜、どこからともなく聞こえてくる除夜の鐘。
108回鐘は打ち鳴らされます。その鐘の音とともに、人間の持つ煩悩が一つ一つ解消されて、清々しく新年を迎えることができるのです。

と、大多数の人は、おじいさんやおばあさんから教わってきていました。
そして、その言い伝えは、親から子へ子から孫へと語り継がれていきます。

そんなありがたい習慣に対して、「除夜の鐘がうるさい」とクレームをつける輩が出てきて、そのためにお寺さんのほうで気を遣って、昼間に鐘を鳴らすようにしたことが、ニュースに取り上げられていました。

この何たる非常識さ加減には、驚き呆れるほかありませんね。
年越しの夜間に鳴らすから意味のある「除夜の鐘」を、昼間に鳴らせば年越しになりません。
「除昼の鐘」なんて、有りがたくも何ともありません。

鐘撞堂のそばに家を建てたのなら、当然その鐘の音を聞く立地であることを知った上でのことでしょう。
うるさいと思ってクレームをつけるなんてのは、まさに【あり得ない】愚挙です。
敢えて言います、愚挙そのものです。

どんな事情があるにせよ、時間的な前後関係は、専門家の判断を待たずとも容易に推察可能な事実関係ですから、このクレームをつけた人は、世間の笑い物と思われても仕方がないと思います。
それにしても、除夜の鐘がうるさいなんて、罰当たりな人がいるもんですね~~~~。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック