全日空B787トラブル

世界最大のB787オペレーターである全日空が、またもやローンチカスタマーの苦しみを味わっていますね。
B787に搭載可能エンジンは、ロールスロイスとGE、かたやトレント1000、かたやGEnx。
新型エンジンにつきものの初期トラブルとは言い難い問題が発生しました。

ロールスロイスのトレント1000に発生したトラブルは、エンジン本体のちょうど真ん中辺りのある中圧タービンの羽根が腐食するというもの。その腐食の原因は何かといえば、空気の汚い地域への運行によって引き起こされたとの説明がありましたが、そんなものは現代にあってはどこにでも存在することであり、言い訳するのにももっと工夫をしたらと思わず言いたくなるような底の浅い思慮に欠けたものだったと思います。

それも、エンジンメーカーであるロールスロイスが放った発言です。
もっとも、競合しているGEのエンジンがトラブルフリーだったかと言えば、そんなことはなく、就航当時はいろいろと問題がありました。ただ、リチウムイオン電池の発熱問題のほうが大きく報道されたので、表に出ずに済んだのです。

全日空はロ-ルスロイスのトレント1000、日本航空はGEのGEnxと、同じ機体でありながら装着するエンジンのチョイスが異なったいたことから、トラブルの発生都度、両社は一喜一憂してきました。
ただ、787の機体は、エンジン各社に共通のインターフェイス採用を呼び掛けていました。そのため、他の機種とひかくすれば、エンジンの換装は大幅に時間の短縮が見込めるほどの機体互換性を有しています。

これが意味するところは、何かあれば別のエンジンに乗り換えることさえ辞さないといったエンジンメーカーに対する強力な牽制となっているのですね。凄い世界の話ですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック