「嵐」の大パネル広告

相鉄・海老名駅の改札を入ったすぐ右側に、数メートルはある大きなパネル式の広告スペースがあります。
ここ最近は、ずっとKIRINの広告で人気グループ『嵐』を起用した「一番絞り」の物でした。

メンバーの顔一つが直径80cmは有ろうかと思える大きさです。その顔が5つ、パネルの中でほほ笑んでいるのですから、その迫力はちょっとしたもののはずなのですが、彼らのキャラクターはそれさえも優しさを放つパネルに化してしまっているところが、今のグループとしての存在感をアピールしているのに他なりません。

そんな大パネルが、変わってしまいました。嵐の櫻井翔だけになってしまいました。
面白いもので、ずっと見続けてきた一つの「景色」が、変化してしまうだけで、ずいぶんと光景は違った印象になります。

それは、近所の建築現場に差し掛かった時に、皆さん感じていませんか。
「あれっ、ここ、前に何が建ってたんだっけ?」という、疑問。
ここ数年、以前ニュータウンと呼ばれていた一帯が、老朽化のために建て替えるケースが目立ってきていますが、一軒家としては大きかったようなところは、狭小住宅を二軒立ててしまうケースが増えてきており、そんなケースがあちらこちらと増えるにしたがって、街の景色がいつの間にかすっかり変わってしまうなんてことになるのですね。

あれっ、何の話を書いていたんだと、いつものパターンに入ってしまったので、ここらで止めときます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック