藤原竜也 台本に苦戦

そして誰もいなくなった 一回目二回目はまだよかったのですが、三回目ともなると、謎をちりばめすぎて、救いようがなくなってきてしまいました。この台本では、如何に芸的能力が高い藤原竜也であっても、頑張り切れないですね。

ネット社会をやぶ睨みする内容ではありますが、もう少しドラマとしての「救い」を考慮しないと、視聴者が【ノリだけで番組を作るな!】と思い始めてしまいます。

演出家もそこいらへんのさじ加減がわかっていないようですね。
ドラマの本質とは何かなどと大上段に振りかぶるつもりはありませんが、エンターテインメントをどう具現化するかを、もっと真剣に考察していたら、非常に良い内容のドラマになりえたのに、残念ですね。

出演者がよくても、台本がだめで、演出がだめなら、そのドラマがオオコケするのは当たり前です。
魅力あふれる俳優であり、かのニナガワの猛烈な特訓の寵児でもある藤原竜也を、もっとしっかり起用してもらいたいと思います。

やっぱり、日テレは当たり外れが大きいですね~~~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック