とってもナンセンス

契約書の文面って、あれくらい読もうする気を失せさせるものも
無いですよね。それが、小さな画面の中に、延々と表示されるっ
て、いったいどうゆう神経なのかと疑ってしまうのが、スマホの
アプリの使用承諾書や契約書です。

スマホの使い始めで必ず経験するのが、アプリを使い始めよう
とするたび出現してくるあの長~~~~~~い契約書です。
あなた、あれ、読んでますか?と聞くのも憚られるほど、のシロ
モノです。
それが、数多くのアプリごとの表示されるって、ナンセンスだと
は思いませんか。

勿論、契約ですから、一つ一つしっかりとした内容把握が必要
です。おざなりにするしかない現在の契約方法を止めて、別の
手段でしっかりと記述が残る形の書面表示が必須だと思うの
ですね。
現在の方式は、「読むのがメンドー、ハイハイ、同意してっ!」
を、促しているに過ぎません。これは、ある面、詐欺行為に近
いものがあります。と思いませんか、皆さん。

各アプリの開発者は考えていなくても、その製品を扱う会社は
瑕疵担保責任とかに絡む法律問題をクリアーするために、「同
意する」の一札を取らなければならないと考えての手段でしょう
が、残念ながらそれはただの無駄なあがきです。このIT時代に
残されている非常識的な感性と言っても過言ではありません。
法務関係者の皆さん、もう少し頭を使っていただけませんか?????

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック