まさにビンゴ

昨日のブログで、遅ればせながらスマホに変えたことを書きま
したが、購入した機種が「安い」からとの理由で決めたわけで
すが、なんとこれが大当たり。

スマホに至るまでの携帯電話の話題には、常に交信速度が付
いて回ります。それで記録を調べていましたら、11年前は、下り
最速384kbpsだったんですね。

それがいまでは、PREMIUM4G規格ならば、理論上300Mbps
に達しました。
ネット上の記事によれば、『2015年3月27日にスタートしたネットワ
ークサービス「PREMIUM 4G(プレミアム4G)」は、下り最大225Mb
psは当時の国内最高速度で、9月25日には東名阪エリアで262.5
Mbpsに向上。さらに10月29日からは全国約410市町村で300Mbp
sの提供が開始されました。』とあります。
シャープ製の「AQUOS ZETA SH-01」のみ300Mbps対応、まさに
これが……。

さらに、2016年度中には、375Mbpsのサービス開始が予定され
ています。で、そのサービスの恩恵を最初に受けられる機種が、
まさに私が購入した機種だったのです。まさにビンゴです。プレミア
ム4Gの仕組みは、docomoが使用している四つの周波数帯を組み
合わせて(束ねて)、通信のパイプを太くする技術です。

いまのところ、市場に出ている機種では、任意の三波長を束ねるこ
とになっているようです。ただし、ユーザーが指定するのではなく、
通信端末と基地局間の電波状況を勘案して、自動的に組み合わせ
が決定されています。
2014年10~11月データによれば、山手線の駅近辺での通信最
低速度が、LTE規格でさえ3M!しか出ていないのです。最高でも
東京駅の18Mどまりです。全駅平均では、10Mbps程度ところが、プ
レミアム4Gにしたところ、最低でも28Mbps最高では128Mbpsとなり、
全駅平均では79.8Mbpsにまで向上しています。(2015年10月時点)

といったところで、まだ、使い始めたばかりで、実感してはいないん
ですがね。

シャープ頑張れ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック