スプートニクス・ホリーズ

スプートニクス・ホリーズ 日本では、よほどのファンでない限り、
この二つのグループのヒット曲はビッグヒットとなったそれぞれ
「霧のカレリア」「バス・ストップ」しか知らないでしょう。

一方、ローリング・ストーンズやビートルズ・サイモンとガーファン
クル・クリフ・リチャードなどは、いくつも日本でもヒットを飛ばして
います。その差はどこから来るのでしょうか。もちろん、作曲の才
能が有るかないかという根本的な問題は避けて通れませんが、
そういったファクターを取り除いても、名前が残るということと、
複数の曲が記憶に残されていることの隔たりは大きいものが
あります。

もっとも、本国での人気がありすぎて、ABBAはついに日本公
演がかないませんでした。海外公演をするならと、脅迫めいた
出来事が起こり、危険と判断したプロモータは究極の判断を下
したんですね。

そうした人気の逢ったグループの昔のフィルムをたまたま見
つけて視聴していると、当時は曲の速度がゆっくりであったと感
じる方も多いでしょうし、振り付けの単純さは驚くほどです。何よ
り音が古い!


この音は古いとは、どんな現象だと思いますか。音に厚みがな
いいことと、高音が細いこと、そして、低音の歯切れが悪いこと、
加えて、大入力ですぐにサチってしまうことが挙げられます。
サチるとは、音が飽和しきってしまいそれ以上受け入れられな
くなってしまった状態を指します。

キャラが濃すぎて、なんていうのも立派な理由ですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック