サクラ・桜・さくら

神奈川や東京の桜は、この土日が最高の見ごろとなりそうです
ね。近所の桜も今年は色がとても濃い木が多く、とても美しいと
褒めたくなります。日本の桜の8割は、ソメイヨシノが占めている
そうで、それだけに地域ごとにまとまって同じ時期に開花するの
で、それだけとてもボリュームがあるんでしょうね。

毎年この季節になると必ず話題になるのが、各地で競うように
行われているライトアップです。今や、桜の名所は次々と新顔が
現れ、古参となった名所との競争が激化してきています。競争が
激化することは、案内標識や道路が整備されるメリットがあります
が、片やあまりに手が入れられてしまったがために、自然の持ち
味が損なわれるといったデメリットも出てきてしまいます。

しかも、新規参入のライトアップ組は、大量のLED照明での派手
さを謳っていますので、新たな『公害』いや「光害」も叫ばれるよう
になってきました。日本人は、「これは……!いいんじゃない」と
思うとすぐに真似する人種ですから、あっという間に画一的になっ
てしまう傾向がとても強く、それだけに新味を出すのに一苦労し
ている自治体が多いと聞きます。

日本に桜の木がある限り、この手の話題は尽きないようですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック