「とどのつまり」の語源

さりげなく『とどのつまり』って、よく使う言葉ですが、さて、語源と
なると諸説あるようです。一番流通しているのが、魚のボラが成
長とともに名前が変わる出世魚で、「ボラ」の次の名前「トド」で、
ここで名前は変わらなくなるから、「ここで詰まってしまう」のでこ
の用法になったと複数の情報ネタには書いてあります。

ちなみに、オボコ→イナ(ッコ)→スバシリ→イナ→ボラ→トドは、
代表的な例であって、地域によって別の名前が有るのはどの出
世魚でも傾向は同じです。
ハク→オボッコ→スバシリ→イナ→ボラ→トドは、財団法人 水産
物市場改善協会のホームページで示している例です。

で、ここからが問題なんです。というのも、出世魚は「成長とともに
名が変わる」=「おめでたい」傾向の言葉なのですが、「とどのつま
り」は、あまり良い方には使われず、軽いネガティブの感じが強い
んですね。

先に書いたように、各情報ネタ元には、ボラの次はトドで終わりに
なる=ここでドンずまりってわけです。でもそれを言ったら、みんな
出世魚は同じ範疇に括られてしまいます。しかし、インターネットで
調べる時、怖いのは他のサイトの受け売りが物凄く多いということ
なんですね。とどのつまり、パクリってことなんでしょうか。

と、こんな風に使われますからね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック