日本語変換プロセッサATOK

ジャストシステムと言ったら一太郎の名が浮かびますが。言うま
でなく一太郎は日本語ワードプロセッサの代名詞的存在でした
が、残念ながら、マイクロソフトのオフィス攻勢の目に敗れてし
まい、今では少数派となってしまいました。

ところが、日本語ワープロに不可欠の「日本語変換」については、
付属しているATOKが、マイクロそフトの提供するMS-IME(と
、その一族)など問題にしないほどの精度の高い変換能力を持
っていることから、いまだに日本語変換ソフトだけは、ATOKを使
い続けている人が多いのです。

しかし、それだけではないのです。
文章の修正を迫られたときに、マイクロソフト系列のソフトの弱点
がさらけ出されます。それは、英語圏のソフトであることを主張す
るかのごとく、修正の箇所をドラッグした時に、英単語単位で自
動で選択してくれる利便性を提供する能力が、日本語では誤作
動し、必要でない部分まで勝手に選択してしまい、ユーザーはや
むなくバックスペースキーで消去する不便を強いられるのです。

少しの文章しか入力しない人ならともかく、多くのコピーを考えた
り、文筆家などでは、決定的な生産性の欠如として捉えられてし
まうことは必至です。
もともと、MS-IMEは「VJE」という「国産の二番手日本語変換
ソフト」を、マイクロソフトが丸ごと購入して、ウインドウズに実装
したという経緯があります。

その差を埋められないまま、現在に至っているわけです。ジャス
トシステムの肩を持つわけではありませんが、自身の生産性を
考慮するならば、ATOKをインストールすべきでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック