つづれ折りの坂道から

アクセスカウンタ

zoom RSS 相棒 失速中

<<   作成日時 : 2016/02/11 14:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

テレ朝の看板ドラマである相棒シリーズですが、シーズン14に
入ってから変調をきたしています。特に、2月10日の回は見るの
を止めたくなるほどの酷さでした。理由は簡単、反町隆史ふんす
る冠城亘は法務省のキャリア官僚であり警察官ではないために、
「内村警視長と中園警視正のいじめのようなセリフにも、遠慮めい
たものがあり、キレが感じられません。」なんて言う批評もネットに
出ていましたよ。

そんなことよりも第一の原因は、脚本がだらしなくなってきてしまっ
たのが、ここ数回の傾向です。もともと「相棒」は10人を超す脚本
家の布陣から、コンペ形式で放送用の一作を選出するとのことで
すが、残念がら選出するスタッフの目が曇っているのでしょうね。

無理なセリフ回しが目立ち、アクション場面が極端に減っているの
も、画面的に変化がないように感じられる原因です。小憎らしいほ
どの構成で、毎回視聴者をうならせていたシーズン12のころのレ
ベルに比して、今は寂しい内容と言わざるを得ません。

もうひとつ気になるのは、花の里での劇が、いつまでも素人っぽい
ことです。もう少し艶っぽさを出すとか、あるいはもっと素人探偵風
な好奇心をむき出しにする幸子を、前面に出して、マンネリを打破
するなんて言う企画もアリかとは思います。が、一番の原因は、今ま
で番組を引っ張ってきた一番のエグゼクティブプロデューサーが、
シーズン13から替わったことではないでしょうか。

どんなに隆盛を誇っても、いずれ終焉は訪れますが、こんなにも急
激な変化は、何かが起きていると勘繰りたくなるほどです。シーズン
8〜9のころの味を、もう一度洗練させて、番組作りをし直して貰うの
良いと思うのですがねぇ。と、いつも一言多いのが、僕の悪い癖。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
相棒 失速中 つづれ折りの坂道から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる