循環呼吸

摩訶不思議な呼吸法です。名前だけは聞いたことが有ったの
ですが、11月29日の「題名のない音楽会」で、この話題にふ
れていました。実際に、水を入れたコップにストローを差し、息
をふき出せばぶくぶくと泡が出ますが、このぶくぶくが止まらな
いのです。

鼻で息を吸いながら、口から呼気を吐きだし続ける技なんだそ
うですが、説明を聞いてもそんなことが出来ること自体、とても
不可解の一言ですね。
と思ってネットで調べてみたら、何とジャズの世界ではもうポピ
ュラーな技術で、もっと古くは民族楽器の管楽器系では、必須
の技術となっていました。

あの有名なサックス奏者であるケニー・Gが自ら解説する「循
環呼吸」の動画を見つけました。完全なる循環呼吸なら時間
が無限ですが、さすがにそこまでは無理のようで、ギネス記
録では45分47秒なんてクレジットされていました。

オーストラリアの原住民として名の通っている「アボリジニ」が
用いる管楽器の「ディドリドゥ」では、必須の技術のようです。
あの低音が延々と響く楽器です。

それにしても、知らないことに接するたびに思うことですが、
人の能力は底知れないものがありますね。それに気付いて、
実用化して、世間に認知させた功績自体、素晴らしいものだ
と思います。先人に拍手~ですね!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック