ブルーインパルスIN入間、超!快晴

11月3日文化の日は、ブルーインパルスが埼玉県入間基地で
飛ぶ事が、決まっている日です。そして、今日は本当に数年ぶり
の全くの快晴でした。低い山にかかった雲は出ていましたが、
飛行ショー全域で雲は全くなく、おそっらくこれ以上の天気は望
めないくらいの真っ青な空でした。

そして、シーズンの後半にさしかかっている現ブルーインパルス
は、練度が最高なコンディションえ、演技はもう最高。ダイヤモン
ド体型のタイトなことは、本当に素晴らしいとしか言えないほどの
完成度を見せ付けています。現用機の後退翼の角度と全く同一
角のダイヤモンド編隊なので、造形的にも申し分ありません。
観客からも、「凄い密な編隊だ~。」の声があちこちから聞かれま
した。

今日の特徴的なものとしては、5番機のスモーク装置の特性が、
他機とは異なっており、煙がパッとは広がらず、一本芯が通った
ような航跡を残していたのが、妙に目に付きました。偶然なのか
どうかは分かりませんが、意外と面白い結果だったと思います。
初代ブルーズの展示飛行から数えれば、いったいどのくらいの
枚数の写真を撮ったのか自分でも分かりませんが、今日は一日
に撮影した中では最高の枚数を記録したことは間違いありませ
ん。今持っているデジカメ一眼機の性能では、これ以上はおそら
く無理だと思える370枚も撮影していました。

もちろん秒5~8コマ機が当たり前になりつつあるので、こんな枚
数は平気でマークしているでしょうし、第一m画素数だって、20
00万画素が中級機なんですから、リソースとして使われるメモ
リーも大容量な上に高速化が叫ばれてきています。結果として、
SD/SDXCカード「サンディスク エクストリーム プロ SDXC UHS-
Iカード 512GB」 最大読取り速度が95MB/秒、最大書込み速度
90MB/秒の超高速SDXCカード。UHSスピードクラス3に対応し、
4KやフルHDの動画、高速バースト撮影された静止画撮影の記
録といった用途に向いていると、10月17日に発表がありました。

こんなにも高速大容量化してくると、ストックする側のパソコンも、
高速大容量のハードディスクを必要とすることになります。そして
、次代が流れても、当分は日本中でブルーインパルスの映像は
撮られ続け、その枚数は幾何級数的に増加していくのでしょうね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック