中島みゆきも叫んだある出来事

意味深なタイトルです。御題はトイレです。最近、大きな施設で
は、エスカレーターの自動運転では、人がいなければ運転を抑
制する機能が働いて、運転速度を落とすか運転を中止すると言
った省エネ化を考慮する工夫が内蔵されています。駅の公衆ト
イレや大学のトイレでも、人がいなければ、照明を消していく工
夫を施して、経費抑制に努めています。

ところが、これが配慮を欠いた動きをするんですね。立て続けに
トイレで照明が消える体験をしてしまいました。
最初は、大学のトイレ。入口を入ると、人感センサーが働いて、
照明のスイッチが入り、明るくなります。と、ここまでは便利なも
のと思えるのですが、問題はその次です。

男子の個室に入りました。まだ、コト半ばながら、トイレの明か
りが消えてしまいました。これには困りますよね~。なんたって、
いきなり真っ暗なんですから、本当の意味で手の施しようがな
いんです。人感センサーは、トイレの個室の中にまで設置され
てはいなかったんです。そのため「もう人はいない」と判断した
のですが、これでは何のための人感センサーなのか???で
すね。

次は、駅の多目的トイレでのお話です。小田急のとある駅の多
目的トイレに入りました。大荷物を持っていたので、この大きさ
は助かります。扉を開けた瞬間は真っ暗ですが、ここでも人感
センサーで人の動きを感知すると照明が点ります。ところがで
す、中に入って数秒もしないうち明かりが消えてしまったのです。
密閉されていますから、全く明かりが入ってこず、真の闇になっ
てしまいました。

本来、人が動けば人感センサーが感知するはずなのですが、
この時センサーの能力が落ちていたのか、中で激しく動き回っ
てやっと明かりがつきました。動けば点くということを知ってい
るから騒がずに済みましたが、これがお年寄りだったなら、どう
なっていたでしょう。

昔のニッポン放送のトイレで、中島みゆきが用を足していると
きに、警備員が巡回してきて、照明のスイッチを切ってしまい
………といった下りのエピソードを、オールナイトニッポンの中
で披瀝したことが有りましたが、それと同じことが、各地で繰り
返されていると思います。もう少し、配慮を感じる動作に改良し
て貰いたいものですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック