紫色のCMは、イマイチ

テレビのCMは、何色が多いか意識したことが有りますか。圧倒
的に緑か青が多いのは理解できます。ときおり、赤ばっかりの画
面作りで、綺麗な発色を出すことだ出来ず、「なんて、濁った……」
の印象しか与えない、冴えないCMが何故か散発的に制作放映
されます。

そんな中、紫色をメインのカラーに据えたCMが有ります。ひとつ
は、いまや絶大なるおばさんんのアイドルで、つい最近結婚で巷
を賑わせた福山雅治の「アサヒスーパードライプレミアム」、もう
一つは、今や青年から壮年に移行しつつある嵐のリーダー大野智
が出演している「アレグラ」です。

前者は、アサヒビール、後者は久光製薬です。どちらも一流企業
ですから、有名タレントを起用するのに金額面で問題ないからな
のでしょうが、いかんせん画面の作りが冴えません。紫はよほど
彩度をコントロールしないと、薄汚れた画面になってしまいます。

また、アレグラのように、奇を衒ったのは分かりますが、計画通り
には事が運ばず、なんともしまらない作品になってしまっています。
なんのために大野君を起用したのか、その真意を測りかねます。
大野君の良い所を引き出す演出になっていないのが最大の原因
でしょう。あれだけの逸材を活かしきれていないのは、何とももっ
たいない限りです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック