Youtubeの音質

誰もが簡単に公開できるYoutubeは、貴重な資源が多く埋まっ
ています。よく利用させて貰っていますが、残念なのは録音レベ
ルが滅茶苦茶なんですね~。音が割れた音源をレベルだけ下
げて、割れた音が小さくなっただけとか、最初から小さくてダイナ
ミックレンジがどうのという以前の状態のままアップしている人が
多いのは、驚きです。

レベルを揃えるという極めて当たり前のことに、今の人は意識
が向かないのでしょうか。

そんなことばっかり言っていたら、アーティストが自ら登録してい
るいわゆる「公式」のサイトに辿り着きました。公式を謳うだけあ
って、その音質はナカナカのものでした。これ位のレベルならず
っと聞いていられます。

素人がピアノやエレクトーンの弾き語りをしている物は作品とは
呼べるレベルに達していないものが殆んどです。学芸会レベル
のものをアップするのは、いただけません。トルコ行進曲を聞きた
くなったとしましょう。出てくるわ出てくるわなのですが、酷いもの
になると、自分の練習風景をそのままアップして、平気で「Take-1」
「Take-2]の表記。

やはり、公共と言っても良いシステムを利用するからには、それ
なりの配慮が有ってしかるべきです。Youtube側で、そういった
対策を立てて貰えないものでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック