消息が掴めた?マレーシアMH370便

諸説が入り乱れ、いまだ機体が発見されていないマレーシア航
空MH370便ですが、つい数日前に、この機体のものではない
かとする破片発見のニュースが飛びこんできました。その後の
追加情報が無いので、これまた空振りの可能性が否定できませ
ん。

もともと墜落原因を追究する時に、中国やアメリカの干渉を受け
た挙句に、攻撃され墜落したとの説まで飛び出すほど、通常の
行方不明とは一線を画す報道のされ方をしていましたので、き
な臭い国際騒動に何らかの偶然で巻き込まれたか、あるいは密
命を帯びた士官クラスが同乗しており、それを狙われたのかもし
れない等と、全く証拠の無い憶測まで飛び交いました。

現在の双発旅客機は、長大なETOPSを得て飛行しており、機械
的な不具合は考慮外としても良いほどの信頼性を獲得していま
す。777はETOPSは330だった筈で、現行の最高レベルに近い
安全性能を有している機体です。
(ETOPSイートップスと読む。Extended-range Twin-engine
Operational Performance Standardsの略、双発の機体の片方の
エンジンが能力を喪失しても持続して飛行可能な継続時間を指す)

「マレーシア航空機のものと見られる翼の一部がインド洋のレユ
ニオン島で発見された」と報道が有ったのは、7月29日。
もし、何らかの陰謀説によって墜落させられたならば、この破片を
回収した者に危害が及ぶかもしれないと想像を逞しくしてみました
が、果たして真相はどうなのでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック