カラオケ新時代

カラオケと言えば、新曲を歌えると「お~、やるね~っ!」と言わ
れたもんです。地味目な人がそんな歌を歌う事の意外性に、皆
が驚くという構図は、過去から連綿と繰り返されたのです、ここ
に来てそんな常識が通用しなくなってきてしまいました。

カラオケで新曲を歌ったら、知っている人が少なくて、却ってシラ
ケるというのが今のカラオケなんですよ。どうしてこんなことが起
きているんでしょう?答はとても簡単です。スマホの普及のせい
なんですね。いま、歌番組が成立しなくなっているってご存知でし
たか。

以前はリクエストの数の順番とか、CD販売数でベスト10を決定
していました。ところが、いまの若い層はダウンロードで新曲を聞
く時代になってしまい、パブリックで聞く環境が極端に減ってしまい
ました。
その結果、自分がダウンロードして「良い!」と思った曲は、LINE
などで仲間内に拡散しますが、そんな狭い範囲での情報の共有で
は、一般的な情報の広がりには遠く及ばないことになります。

その結果、仲間内でも、拡散のグループから外れ、別のグループ
に属していると、結果今ウラシマ状態にみんながなっていることに
なります。これって、個人的に見ても実は大変な事なんですよ。
なぜって、世間で大きな事件が起きても、それを知る機会が狭め
られてしまうことに通じるからです。現実に、昨日の話題である「
台風3つ」について知っている人のなんと少ないこと。

スマホの弊害ここに極まれりですね。新聞を読みましょう。ラジオ
の歌番組も聞くようにしましょう。あまりに狭い世界に住んでいる
と、人間性が損なわれることに通じます。そういった20~40代の
方がこの世に溢れ始めています。簡単に言えば、常識を知らない
人間が大量産されていることに他なりません。

中島みゆきの鋭い表現を知ることも無ければ、さだまさしの抒情
に浸ることもありません。私は中島みゆきもさだまさしも嫌いです
という人にも、アーティストの先達からのメッセージを受け止める
ことで、心に潤いを持てるはずです。スマホばかりの生活は、あ
なたの心が荒むだけなんですよ。

こんな背景が、カラオケの謳われる曲にも反映していて、今のヒッ
ト曲ではなく、その一世代前の誰もが知っている曲ばかり謳われ
るようになってきている現状こそ、現代日本の病んでいる病巣の
根源あるということを、所謂「識者」はご存知でしょうか。知ってい
るとは、とても思えませんね。意味の無い国会を運営している安
倍政権が何て大上段に振りかぶらなくても、政治家の意識の低
さは………と、これ以上言うのは止めましょう。このブログを読ん
でいる人達は、そんなことは先刻承知でしょうからね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック