P-1低すぎる飛行

海上自衛隊の新鋭対潜哨戒機]P-1が、厚木基地配属になっ
た当初は、大変地味な飛行ぶりで、その音が静かな事も相まっ
て、見る機会は極めて少なかったのですが、最近になって、堂々
と自分をアピールする飛行を始めています。

その一つが、低空飛行の更なる低空域でのルート設定。どう見
ても、過去の飛行高度より500~600フィートくらい下がってい
ます。そのため、折角の低音設計が生かされません。また、丘
陵地帯を飛んでいるため、飛行高度が一定であっても、丘の最
高地点辺りに飛行機がさしかかると、これはもうとんでもない低
さになっているのです。

当然ながら、騒音は付いて回ります。たとえ、期待がどんなに静
穏を目指して作られていたところで、所詮ジェットはジェットです。
国際共同開発のV2500を流用して内製されたターボファン
エンジンは、大バイパス比であり、その為超低空時の騒音は一
種独特の飛行音となっています。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック