4Kテレビの画質はホンモノ?

大手家電量販店の4Kテレビコーナーで、じっくり画質の差を見
比べることが出来る方は、購入までにぜひとも「じっくり、ジックリ
」ご覧になられることをお奨めいたします。カラーテレビの普及
初期の頃は、あまりに個体差が有りすぎたのを覚えている方も
多いことでしょう。

流石に2Kテレビぐらいになると、そこまでのバラつきは認められ
なくなりました。しかし、4Kテレビになったら、またバラつきが気
になりだしました。理由は簡単です。現在の主流は、地デジ(地
上波デジタル)のハイビジョン放送です。これを、テレビの方で、
4Kにまで画質を上げる(見かけ上)仕組みを使って、画面を作っ
ているのです。

この作業を、アップコンバージョンと言いますが、現在のハイビジ
ョンは2Kですから、面積で考えれば4Kにするならば、情報量を
2倍ではなく4倍にする必要が有ります。しかも画素と画素の間
に左右上下の明るさと色調の中間を計算して画素を埋め込む
作業なので、素早い演算能力を持ったグラフィックエンジンが必
要です。

もっと平たく言えば、2Kは約207万画素に対し、4Kは829万
画素で一枚の画面を作っています。ですからこの差の約622万
画素を一瞬一瞬ごとにテレビ側で計算して、オリジナルの2K画
面と合わせながら合成する作業を延々と続けているのが、現在
の4Kテレビなのです。
ということで、この計算する部分の性能で、画面が綺麗かどうか
が決まってしまいます。

家電量販店で見比べると、今のところ、東芝・ソニー・パナソニッ
ク・三菱・シャープの順番を付けることが出来ます。あくまで、現時
点の最新型機での話ですから、新型が出るたびに順番はコロコロ
と変動することは間違いありません。
意外に東芝が頑張っている感じがしますね。あと三菱のレーザー
バックライトがどの程度発展するかで、業界の地図は塗り替えら
れそうです。ますます白熱化している4Kではありますが、本放送
が始まる前からこんなんでいいのでしょうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック