異常気象

エルニーニョ現象だけでは説明のつかない強烈な天気に見舞わ
れているところが、いま世界で注目されています。中でも、アメリ
カ・カリフォルニア・サンディエゴでは、なんと雪が積もっている景
色が、少し前のテレビの画面に写し出されました。これを、唖然と
言わずして・・・・・・・・の感ありです。

そこへ持ってきて、日本各地から届く火山の活発な活動状況。
静かな観光地が、いきなり火山性微動を連続してキャッチされて
いる様は、観光業への影響が懸念されています。火山学者はこう
言っています。「今までは静かすぎた。」しかし、概念での発言であ
り、観測体制にも全く整っていなかったのが、「近年 (観測データ
採取に必要な) 最低レベルの機器設置がやっと完了した」との
ことで、火山の噴火についての予測はまだまだできないのだそう
ですね。

溶岩の温度一つとっても、高温であれば爆発しても噴石は少なく、
むしろ流れ出る溶岩流による火砕流が怖く、逆に溶岩の温度が低
めだと、溶岩流は発生せず強力な爆発が起きると、中学の理科の
時間に習った記憶が有ります。実際の火山爆発は、そんな単純な
ものではなく、複雑怪奇な現象の固まりでしょうから、早々正確に予
測なんて出来るものではないでしょう。

それでも、気象庁や火山専門の学者は、コメントを発表しなければ
ならないところが辛いですね。まして、もっと複雑な世界の気象とな
ると、いかなスーパーコンピューターを駆使しても、まだまだ歯が立

たない状況に変わりはありません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック