全仏オープンの錦織

テニス協会が今や救世主とあがめる錦織圭ですが、開催中の
全仏オープンで二回戦では、サウスポーのベルッチ(ブラジル)
に、序盤かなり苦しめられましたね。試合には、流れという「魔
物」が住んでいます。今日も第一セット第8ゲームまでは、互い
にサービスゲームをキープしていましたが、第九ゲームあたり
から、ベルッチのダブルフォールトが目立ち始めました。

サービスでのダブルフォールトは、相手にとってみれば、自滅し
てくれるいるわけです。本人から見れば、これ以上のストレスは
無いでしょう。すると、ラリーでも先ほどまでの粘りが消えてくる
ことになります。
事実、ロブでリズムを狂わされた後のゲーム運びでは、気落ち
した場面が見られました。

以前の錦織は、クレーコートを苦手としていましたが、もうそんな
ことは微塵も感じさせないほどに、堂々とした試合運びで、コー
トを味方につけているんではないかと思えるほどのプレーぶりで
した。

今日は気温が高く、かなりタフだったようでしたが、それでも、英
語のインタビューに英語できっちりと答えるあたり、国際的に通
用する選手なんだなぁと改めて思いました。いつか悲願のグラン
ドスラムを取って欲しいと思っているのは、私だけではありません。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック