オスプレイ墜落

オスプレイの記事が、新聞記事にこんなに短期間にいくつも掲
載されることなどありえないと思えるほどに、記事ネタを提供し
ていますね。横田基地配備・自衛隊の購入そしてハワイでの着
陸事故。特に墜落事故まで起きてしまうと、元々心象の悪い機
体だったのに、更に悪い印象を人々に植え付けてしまいました。

実際に飛行する姿は、不釣り合いに大きいプロペラの存在が、
良くも悪くもオスプレイを目立たせているのです。アヒルが不恰
好に水面に着水する姿を思い浮かべて貰えば、それがオスプレ
イの特徴的な飛行姿勢を顕しています。

チャンスボートXC-142というオスプレイより大きな機体を米空軍
は一時かなり真剣に検討していました。、4発の垂直離着陸を実
用化させようとするこのプロジェクトは未完に終わってしまいまし
た。その後。ベルテキストロン社のXV-15が再び垂直離着陸の
実用化を目指しました。こちらはジェット機でした。

現代の高効率ファンジェットは、非常に優れた特性を示すように
なってきました。それなのに、なぜオスプレイはプロップジェットを
選択してしまったのでしょうか。日本の新聞など、報道は「新型輸
送機」と称していますが、設計会自体は物凄く古いんです。198
9年に初飛行なんですよ!!!もう実に30年も経ってしまった機
体なんです。

それだけに設計自体が古くて、合理性を重んじる飛行機のフォル
ムに悪い影響を及ぼしているのですね。いまだに数百期レベルで
の配備数は何を物語るのでしょうか。それだけ特殊で厄介な機体
とうことです。これ以上の墜落事故は、米軍の運用方法に多大な
影響を与えることになるので、墜落の原因究明は簡単には終わら
ないでしょう。

どんな結論を出してくるか、興味津々といったら、不謹慎でしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック