レガシィツーリングワゴンは何故消えたのか?

レガシィと言えば、ツーリングワゴンのイメージが強烈であった
のに、今回のフルモデルチェンジからはセダンのみがラインア
ップされていますが、これはどうしたことなのでしょうか。セダン
が売れ出したのは、B4が発売されてからですから、レガシィの
代表的存在にはなりえなかったはずなのに、なぜ、ツーリング
ワゴンの後継をレヴォーグに託したのでしょうか。

少し前に、「スバル金太郎飴軍団完成」なる記事をアップしまし
たが、答えはここに有ったのです。OEM販売の軽とBRZを除
けば、ほとんど似通った顔を持つラインアップに変わってしまっ
たスバル車は、どのクラスのセダンとかワゴンとかなど区別が
ごっちゃになり易い状況です。勿論、車個々には、コンセプトも
違えば、性格も異なっている筈です。

しかし、一般消費者が、全てスバリストかと言ったら、そんなこ
とは全くありません。
(=スバリスト:熱烈なスバルファンをこう呼ぶ)
そのため、サイズアップを繰り返してきた結果として、肥大化
したボディをスリム化する方向が見当たらず、やむを得ず後継
のレヴォーグを開発して、サイズダウンを果たした言う見方もあ
ります。

ワゴン人気が無くなってきたと言われ、事実、売り上げではその
ように見えますが、ことレガシィだけ見れば、依然6割がツーリン
グワゴンです。この6割の中のどれくらいを、レヴォーグにシフト
できるかで、スバルの業績は大きく変化するでしょうね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック