ブルートレイン・ラストラン

北斗星の引退のニュースは、私にとってひときわ感慨深いもの
が有ります。デビュー時の物凄い人気は、いまでもファンの間で
は語り草ですが、その人気がまだまだ盛り上がっている時期に、
新婚旅行で利用したからなんです。これから冬に向う季節では
ありましたが、話題の列車で記憶に残そうとの思いで、予約した
のです。

利用したのは、もちろん、B2 = 2人用個室B寝台「デュエット」+
予約制食堂車「グランシャリオ」です。新婚二日目の夕刻、上野
駅で北斗星に乗り込むときは、「新婚旅行」「北斗星」と二つの
興奮で少し舞い上がっていた記憶が有ります。もとより、夜行列
車の風情が好きで、「普通大垣行き」「はやぶさ」「さんべ3号」
など、何度も利用していましたが、やはり北斗星から受けるオー
ラは、ちょっと異なっていました。

24系客車と言えど、塗り直された客車の放つ輝きが、上野駅の
中でもひときわ目立って見えたのは、贔屓目だったのでしょうか。
そんなことは有りません。当時の北斗星は、客室もすべて新品
で、当時のレベルでは最上にランクされるアコモデーションを施
されていたのですから………。

実際、バネ下の改良が相当に行われていたようで、以前利用
した「あさかぜ」とはかなり異なり、落ち着いた走行性能を発揮
していました。特に都内を走行する際のポイントを渡るときの揺
れが程よくダンピングされてたのが、二重丸ものでしたね。

季節的には、雪がかなり降ってもおかしくない時期でしたが、こ
の冬は降雪が少なく、函館に到着するまで積雪を一切見ません
でした。そして、宿泊するホテルにチェックインしても、こんなに
雪の無い北海道は見たことが有りませんとのことでした。しかし
、一夜明けて、雪が降り始めました。たいした量ではなかったの
で、レンタカーを借りてドライブをと走り出して15分も経たないう
ちに、前が見えにくいほどの激しい降雪になってきました。

ということで、雪の無い景色をひた走った北海道の「北斗星」とし
ての記憶が、強く残っています。その時には、今日のラストランを
想う筈も有りませんでしたから、なお一層感慨深いものが有るの
です。あの時グランシャリオで購入したスリムなペアのワイング
ラスは、一年に数回だけ、少し特別な日だけ使っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック