エスクァイアのセグメントはどこらへん?

ノア・ヴォクシーと全く同じベースで、若干の高級感を持たせた-
これが、エスクァイアの位置づけでしょう。トヨタお得意の兄弟車
ですね。最初は同じで、だんだん差別化していき、或る時独立し
た車種になるというのが、過去のいろいろな車のトレンドでした。

しかし、なんてエグイデザインなんでしょうかねェ~。私的に言え
ば、何じゃこれ?って感じです。もはやデザインを捨てたと言って
も過言ではありません。巨大なフロントグリルは、どんな意味を持
っているのでしょうか。トヨタに言えることは、トレンドセッターにな
ろうとあがいても、なり切れずに、販売店の力で売ってはいるけ
れど………の毎度のパターンです。

悪口を書きたくてこんな記事をアップしているのではありません。
総合力のみならず、特筆すべき技術力を持ちながら、普通車には
頑ななまでに普通の技術のみを熟成して投入し、車がどんな過疎
地に行って故障しても、何とか地元の修理屋で直せることが出来
る車作りをしてきたはずのトヨタではありますが、実際は技術者に
とっては、報われることの少ない職場なんではないでしょうか。

華々しい技術力をアピールする他のメーカーの思い切りの良さを
、指をくわえてみているトヨタの技術者の心中は察するに余りあり
ます。


と、高齋正の「トヨタが北米を席巻する時」には、書いてあり、トヨタ
の商品作りの真髄を喝破している場面が有りますが、いまのトヨタ
にはそれが当てはまりますか?
ことデザインに関しては、唯一個性を発揮できる場ではありますが、
あのデザインで市場投入OKとなる今の首脳部の感性は、全く以
って理解不能です。この車で評価できるのは、5ナンバー枠で出し
てきたことぐらいではないでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック