つづれ折りの坂道から

アクセスカウンタ

zoom RSS ミュージックステーション+Mr.Children

<<   作成日時 : 2014/12/26 23:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今この時間放送されている「ミュージックステーション」は、幕張
メッセからの生中継です。団体さんのグループや向かいの再結
成グループなど、41組も出演しています。でも、中身を見れば、
本当のアーティストはほとんどいないのが現状でしょうね。

Mr.Childrenの前に出演したグループは再結成でのバリュー
で出演したのでしょうが、活動休止中のブランクはいかんともし
がたく、とてもアーティストと呼ばれるほどのパフォーマンスは見
せて貰えませんでした。

嵐の後の後に出演した二人組は、楽曲的に金太郎飴から抜け出
せずに、その中に引きこもって安寧としている始末です。
更にその後の大人数グループ+その子分グループに至っては、
パフォーマンスには認めるものが有っても、曲作りの方向性が似
過ぎていて、何かあったらその同じパターンを持ってくる的な構造
のため、残念がらその結界を破れていません。

こうして見ていくと、Mr.Childrenと嵐だけが頭抜けて前進しなが
ら完成度を高めているグループに見えてきます。
私は、もともと中島みゆきの超のつくファンですから、今日の出演者
をバイアスをかけてみる必要はとんとないため、かなり公平にジャ
ッジしているつもりです。

そうして試聴した結果が、今ここまでに書いてきた内容なのですね。
贔屓の引き倒しが無い分、ファンから見れば辛口に聞こえる点が
多々あると思いますし、評論家でも書かないようなきつい表現もお
構いなしに使っています。

つまり、それくらい、「ミュージックステーション」の看板を背負った番
組であっても、中身は薄いものなのです。
そうした番組を盛り上げてくれたのが、この中で実名で取り上げて
二組なのです。

そうやって見ていくと、真の実力者を発見できる目が養えるのではな
いでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミュージックステーション+Mr.Children つづれ折りの坂道から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる