サービスの偏り

駅探をはじめとする鉄道乗り継ぎ検索サ-ビスは、無料で受けられる
ベネフィットとしては、最上級の部類に入る良質なものです。ところが、
バスに目を転じると、こちらは目を覆うばかりの惨状と言って過言で
ないほどの質の低さです。

大手のバス会社は、軒並みインターネット上での検索は可能としなが
らも、その中身は実に多様です。
バスの場合は特に不便なのが、ターミナル駅から出発するバス停が
異なっていても、駅から4~6番目ぐらいまでは、複数の路線がその
バス停を通るにも拘らず、駅から乗ろうとすると別々の停留所からの
出発となるために、バス停ごとに見ていくと、運行密度がとても低く見
えてしまいます。

けれども、全体でみると、実に頻繁に或るバス停まではバスがその経
路を辿っていることに気付きます。
例えば、藤沢駅の江ノ電バスを利用して、駅から5つ目の「手広」という
バス停に行きたいとします。
1番乗り場からは、10分前後の間隔で発車しています。
2番乗り場からは、20~60分間隔になっています。
4番乗り場に至っては、1本も無い時間帯が連続したりします。

翻って、この「手広」のバス停から、藤沢駅の向う場合はどうなるでしょう。
複数の路線が、最後の方は同一経路を利用していますから、運行密度
はとんでもなく高くなります。
全時間帯のうちの9割が、一時間当たり12~14本もの高い運行頻度を
誇っています。

もうお分かりかと思いますが、調べるバス停の事前の情報が全くない場合
は、その停留所から最寄りのターミナル駅行きを探せば、複数路線が全部
まとまって表記されていますので、このバス停が便利か不便か一発で分か
ることになります。

未だにグーグルマップには、バスに関する情報が全くと言ってないのが不思
議です。片手落ちも、ここに極まれりですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック